ベビードールとは

ベビードール(Baby Doll) とは、女子が着用するアンダーバストの切り替えからルースな広がりの裾をもつナイティである。1970年代に出現した。

「ベビードールの特徴」 
ベビードールは、他のランジェリーと比較しても、一段と嗜好性が強い衣料で、保護・保温・吸汗などの基本機能よりも視覚的インパクトに重点が置かれる。たとえば、襟や裾などに繊細なレースやフリルを追加し、また胸元やアンダーバストにアクセントになる色のリボンをあしらう、などといった過剰な装飾が行われる。また、胸元に深いスリットを入れて、それを紐やリボンで結ぶようにするなど、ひもパンと同様な扇情的なギミックをもつデザインもある。


[ベビードールの身生地]
身生地としては、セクシーさを強調したものでは、「透け感」を持つ、ナイロン、ポリエステルのシフォンジョーゼットや光沢感のあるシルク、サテン生地などが用いられる。また、可憐さを強調したものでは、フィット感の自然なトリコットやストレッチ天竺などが利用される。


[ベビードールの使い方]
清楚で可憐なテイストをもつベビードールは、カップルのひとときを演出する小道具として重宝されるのはもちろん、女性のプライベートにおいて癒しをもたらすリラックスウェアとして広く使われている。


[アウターファッションとしてのベビードール]
ランジェリー風デザインのワンピースがファッションで認知される中、ベビードールのディテールを生かしたアウターのドレスも広がりつつある。キャミソールドレスの流れをくんだシンプルなものや、装飾を付け「かわいらしさ」を強調したものがある。いずれもアンダーバストで見頃を切り替え、裾をAラインドレスのように自然に広げるデザインに特徴がある。インナー風のテイストを生かすため、「透け感」のある素材や、光沢感のある素材を用いる。カジュアル系のアウターでは、胸部、ウェスト、裾などをレーステープでトリミングして下着風にアレンジしたり、多段のフリル、裾口のメロウ仕上げなどで、可愛さを演出する。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。